This page looks best with JavaScript enabled

GraphQLに入門したのでざっくりメモ

 ·  ☕ 2 分で読めます
✏️

はじめてのぐらふきゅーえる。
なんとな〜くの流れと概念。スタートラインには立てた気がする。

GraphQLで出てくる概念

query

参照(RESTでいうGET)

  • 単一リソース
  • 複数リソース

mutation

破壊的変更(RESTでいうPOST, PUT, PATCH, DELETE)

  • 作成
  • 更新
  • 削除

subscription

使っていないので省略。

GraphQLとRESTの違い

RESTはGET https://example.com/itemsで「Itemの配列を取得したい」を伝える。
GraphQLはPOST https://example.com/graphqlまではどの場合でも共通している。その上で、bodyで「〇〇(例えばItem)のあの項目(例えばidとname)の配列を取得したい」などを伝える。

RESTはリクエストメソッドとエンドポイントで「〇〇したい」を伝えて、GraphQLはクエリで「これやりたい。このレスポンス欲しい」すべて伝える。
RESTでは、入力値・返却値はエンドポイントごとに決め打ち。逆に言うと、「このリクエストでよろしく / このレスポンス返すからね」というのが決まりきっているので、仕様者からするとdocがわかりやすいかもしれない?(Swaggerとか作るよね)

GraphQLが返すリソースははDBだけじゃない

これが結構目から鱗でした。
APIのエンドポイントそのものを返すこともあるらしい。

これはちゃんとイメージできていないんだけど、複数のバックエンドを統括するBFF(?)として使うこともあるらしい。

参考

Share on

END
END
@aiandrox

目次